☝︎ダイエット

やってはいけないダイエット方法5選

こんにちわ、フォレです。

日々、僕自身もダイエットやボディメイクに努めています。

その知識を活かして、会員様方のダイエットの手助けをさせていただいております。

そしてその中で気づいたことがあります。

それは,多くの方が間違った知識をお持ちだということです。

やってはいけないダイエット方法5選

ダイエットに興味がある方、ダイエットを頑張っている方がこの記事に目を通していただいていると思います。

巷ではたくさんのトレーニング方法、ダイエット方法が存在しています。

YouTubeやSNSで紹介されている間違ったトレーニング方法や食事方法を信じてしまい、間違った知識を頭に入れてしまっている方も見受けられます。

今回ご紹介する内容は極めて簡単な『やってはいけないダイエット方法』です。

やることよりもやってはいけないことを勉強することはとても大事です。

ぜひ参考にしてください。

摂取カロリーと消費カロリーのバランスについて

ダイエットというと『消費カロリーを増やして摂取カロリーを減らす』というのが基本的な考え方になります。

一番多いのが『食事を減らしながら消費カロリーも増やしていく』という考え方です。

つまり、『すごい頑張って運動して食事も思いっきり減らす』というものなんですが、

その2つとも極端にやってしまうというのは実は良くないです。

というのも、消費カロリーを増やすというのはもちろん『いっぱい運動する、動く』ということになります。

そうするとそれだけエネルギーが必要になりますよね。

ですがその時に、筋肉がどうしても分解されてしまうんです。

筋肉の分解が進んでしまっている状態で、食事を減らすとどうなるかというと、さらに筋肉が壊れてしまうということになります。

ですので、すごいハードに動いて食事も摂らないということになると、筋肉がどんどん分解されて、逆に身体の代謝が落ちてしまうということなります。

なので2つとも極端にはやらないということが大事です。

消費カロリーを増やすのならば食事はあまり減らさない。

食事をかなり減らすのだったらあまり動かないようにする。

このようにした方が筋肉が分解されないで身体のダメージも少なくなってきます。

炭水化物と脂質、両方減らすのはNG

先ほどの話と同様に、食事の方にも言えるのですが、ダイエットの天敵と言われる『炭水化物と脂質』を両方減らしてしまうというのもとてもよくある間違いです。

「鳥のささみだけ食べる」というようなダイエットをよく聞くとは思いますが、

『炭水化物か脂質』、そのどちらかが身体のエネルギー源となります。

そのエネルギー源が足りないとどうなるか?

筋肉のタンパク質が分解されて、それを無理矢理エネルギーにしてしまいます。

ですので、

『炭水化物と脂肪両方を減らす』とタンパク質をエネルギーにする身体になってしまいます。

そうなると食事から鳥のささみをいっぱい食べたとしても、どうしても筋肉のタンパク質も分解されてしまうということになってしまいます。

ですので、

減らすのは『炭水化物か脂質のどちらか』にするようにしましょう。

ダイエット中は『脂質だけを減らすか、炭水化物だけを減らすか』。

タンパク質はどちらにしろちゃんと摂るようにしましょう!

三大栄養素であるタンパク質はしっかり摂って、残りの炭水化物か脂質を両方減らすのではなく、どちらか1つだけを減らすようにしましょう。

ビタミンとミネラルも摂らないとNG

三大栄養素の他に『ビタミンとかミネラル』を追加して五大栄養素ということになります。

ビタミンとかミネラルがどのような働きをするかというと、炭水化物や脂肪がエネルギーになる時に、そのエネルギー化を手伝ってくれます。

例えば、、、

ビタミンB1・・・炭水化物がエネルギーになる時にとても必要とされています。

ビタミンB2・・・脂肪がエネルギーになる時に使われます。

ビタミンB6・・・タンパク質が身体の中で使われるのを助けていきます。

ですので、特にビタミンB群が足りなくなってくると炭水化物とか脂肪とかタンパク質を上手く身体の中で使えないということになります。

エネルギーがうまく使えないということは、全然身体が動かなくなってしまうということです。

もちろんビタミンは、他にもいっぱいいろんな作用があるのですがうまくエネルギー化させるという利点が大きいです。

エネルギー化というのは体脂肪を燃やすということでもあるので、それを行っていくためにはちゃんとビタミンとかミネラルの微量栄養素もしっかり摂るようにするということが大事です。

ただダイエット中、どうしても食事の量が減りますので、そうするとビタミンとかミネラルの微量栄養素もあまり摂れなくなってしまいます。

ですので必ずサプリメントでビタミンとかミネラルを、特にダイエット中は補うようにしていただければと思います。

水分をしっかり摂らないとNG

そして結構見逃されがちなのですが、水もちゃんと飲まないといけないです。

脂肪が燃える作用や、エネルギーが作られる作用、そうしたものは全部水を使った反応になります。

身体の中の多くの反応というのは、水を使った反応です。

ですので、うまく水を摂っておかないと体脂肪が燃える反応も滞ってしまいます。

ある研究によると、

『細胞がちゃんと水で満たされていると体脂肪が燃えやすかった』というような結果も出ています。

そして『細胞が満たされているときは筋肥大も起こりやすかった』というようなことになっています。

ですので減量中、体重を減らしたくても、しっかりと水をとるようにしてください。

これがダイエットのポイントの1つでもあります。

生活リズムが不規則だとNG

あと大事なのは、タイムスケジュールです。

『1日の何時に起きて、何時に食事をして、何時に寝て』というようなパターンをできるだけ崩さないということも大事です。

起きる時間とか寝る時間とかがバラバラになってしまうと、身体の中に時計遺伝子というものがあって、それが狂うと体脂肪の燃焼もうまくいかなくなります。

肝臓に脂肪がたまりやすくなってしまうということもあります。

ですので昼に働いたり夜に働いたりという交代制の方は中々難しいと思いますが、出来るだけタイムスケジュールを安定させるということもダイエットを上手くさせるためのポイントです。

まとめ

・摂取カロリーと書譜カロリーのバランスを考える

・炭水化物と脂質の両方を制限してはいけない

・ビタミンとミネラルの両方を摂取しましょう

・水分もしっかり摂りましょう

・生活リズムを整えましょう

いかがでしたでしょうか?

正しい、やる価値のあるダイエットはたくさんあります。

ですが、やってはいけないダイエット方法は少ないです。

ひとまず今回ご紹介した5つの点はしっかり改善するようにしてください。

それだけでかなり変わると思います。

頑張ってください!

応援しています!