☝︎ダイエット

ダイエットにオススメのMCTオイルとは?【効果と実用方法】

こんにちわ。フォレです。

今回は『MCTオイル』の話をしたいと思います。

意外にダイエットしている方でも聞いたことないかもしれません。

ですがMCTオイルはダイエットしている方にとって大変重要なんですよ!

この記事を見ていただければ貴方もMCTオイルを欲しくなると思います。

MCTオイルを駆使するとダイエットがスムーズにいきますので、ぜひチェックしてください。

1.MCTオイルは、何が良いのか?

2.MCTオイルの使い方

2本立てで解説していきます。

ダイエットにオススメのMCTオイルとは?

MCTオイルとは…

MCTオイルというのは『中鎖脂肪酸』です。

脂肪酸には、長鎖、中鎖、短鎖というのがあり、基本的に長鎖脂肪酸が僕たちの食事には溢れています。

よく口にする油というのは基本、長鎖脂肪酸です。

それに対し、中鎖脂肪酸というのがMCTオイルになるのですが、ダイエット界で流行ったココナッツオイルなどにも含まれています。

ココナッツオイルには中鎖脂肪酸が60%ぐらい含まれているので、健康上いいというので話題になりました。

それに比べMCTオイルには中鎖脂肪酸がなんと100%含まれています。

長鎖脂肪酸と中鎖脂肪酸の違い

簡単にまとめると、長鎖脂肪酸というのは、身体に消化、吸収されて実際に栄養として使用されるまでの流れが長く、手間になってしまいます。

一方で、中鎖脂肪酸というのは、消化から吸収後までスムーズに行われ、全処理の工程が早いです。

ということで、長鎖脂肪酸と中鎖脂肪酸の違いというのは、処理から吸収されるまでのスピードが圧倒的に違うということです。

これが1つのメリットになります。

カルニチンが必要ありません

脂肪を分解して、エネルギーとして使用するには、カルニチンという成分が必要になります。

カルニチンがないと脂肪は燃焼されません。

年齢を重ねるとカルニチンの生成能力が下がってしまうので、しっかりカルニチンを食材から摂取する必要があります。

ですが中鎖脂肪酸の分解にはカルニチンは必要ありません。

なので、消化、吸収までの処理が早いだけではなく、燃焼されるまでのスピードも非常に早いです。

そういったことから….

中鎖脂肪酸は即座にエネルギー化され、食欲の安定に繋がっていきます。

これがMCTオイルをオススメする大きな理由です。

後、人によってはMCTオイルを摂取するとお腹が緩くなります。

なので便秘解消にも繋がる可能性があります。

便秘で悩んでいる方は、MCTオイルを試してみても良いかと思います。

MCTオイルの使い方

MCTオイルは食欲安定の作用もあると先ほどお伝えしました。

では実際にどう使用するかというのを解説していきます。

とても簡単です。

MCTオイルはエネルギー源

MCTオイルはエネルギー源であるということを頭に入れて置いてください。

これだけで解決できます。

人間の基本的なエネルギー源というのは、です。

なので、多くの人はご飯を食べないとエネルギー不足を感じると思います。

脳がエネルギー不足になると食欲が乱れて余計な物を食べてしまいます。

その余計な物は、お菓子だったりケーキだったり、また糖を欲してしまいます。

結局、脳は糖を欲しているんです。

ですが、広い目で見れば、脳は根本的にはエネルギーを欲しているんです。

だから、脳を安定させてあげれば食欲が乱れずにすみます。

ここでMCTオイルが使えます。

MCTオイルはすぐ吸収されて、すぐエネルギー化されるので当然脳がエネルギーを感じて、食欲を安定させることができます。

糖or MCT

なので、めちゃくちゃ簡単なルールとして、

糖を摂るのか?

MCTオイルを摂るのか?

この2択を毎食すればいいだけです。

多くの方は朝と昼にお米を食べていると思います。

お米は糖になるので、朝昼のエネルギーはバッチリです。

ダイエットを頑張っている方だったら、夕食はお米を抜いていて、エネルギー不足を感じてしまうので、替わりにMCTオイルを摂取する。

このようにいつも糖を摂っている場面で、MCTオイルを代用したりするだけでOKです。

糖を摂るのか、MCTを摂るのか、この2択で食事を組み立てるだけでオッケーですよ。

MCTオイルの摂取量

およそ1回あたり、大さじ1~2杯でオッケーです。

先ほど、お伝えした通り、人によってはお腹が緩くなってしまいます。

最初は小さじ1杯あたりから摂取してみて、お腹の調子に問題がなければ増やしていくのをオススメします。

基本的に、MCTオイルの摂取についての上限はありません。

例えば、昼から夜にかけて空腹が長く続くようでしたら、MCTオイルを使って間食をするのもオッケーです。

ただし、MCTオイルは加熱厳禁です。

液体のまま、味噌汁にかけて食べたり、緑茶やコーヒーに入れて飲むというようにしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

MCTオイル、欲しくなりましたか?

ぜひ参考にしてもらって、MCTオイルを上手く活用して、ダイエットを円滑に進めてください。

応援しています。