☝︎ダイエット

【痩せにくくする2つの原因】ダイエット中でも食事をしっかり食べましょう

こんにちわ。フォレです。

多くの方の悩みであるダイエット。

ダイエットをする上で、間違った方法をしてしまうことによって起こる『身体が痩せにくくしてしまう2つの原因』について解説していきたいと思います。

今回解説する内容は、ダイエットで鍵になる『代謝』が大きく関わってきます。

ダイエット中、筋トレをするのも身体の代謝を上げて、痩せやすく太りにくい身体を作る為です。

そういうことから、代謝を上げてダイエットを続けていただきたいのですが、多くの方が間違ったダイエット方法を実践してしまっているのが現実です。

なので、しっかりと正しい方法を理解し解決することによって代謝が上がりダイエットを成功に導けると思います。

特にカロリーや食事の面で、しっかりと正しい知識で行うということは、ダイエットにとってとても重要です。

体重に関して大きな影響を及ぼすと思いますので、しっかりと最後まで読んでください。

痩せにくくする2つの原因

カロリー不足

『カロリーの摂らなすぎで痩せない!』

たくさんの方が「食べなければ痩せる!」と思いガチではないでしょうか。

『ダイエットといえば食べないこと』

『食べなかったら痩せていく』

そう思っている方も多いと思います。

もちろん、食事を摂らないと痩せていき(正確に「やつれていく」と言った表現のが正しいかも)、体重は落ちていくかもしれませんが、リバウンドは避けられません。

どこかで停滞期に入り、体重減少が抑えられて逆に落ちなくなります。

『今まで好きなもの食べてきて、太ったのだから食べないようにしよう』

そういった考えになってしまい、カロリー不足になり代謝を落として痩せにくくなってしまう。

貴方は当てはまっていないでしょうか?

身体に合っていない食事

消化不良を起こしてしまったり、胃もたれや胃がムカムカしたりとか、しっかりと便が出ないなど身体に不調が現れる食事を摂っていないですか?

身体に合っていない食事を摂り続けると、便秘や下痢になってしまう可能性もあります。

そして身体に合っていない食事を摂ると、代謝は落ちてしまいます。

『腸内環境』というのは非常に大事なので、合っていない食べ物を摂ると、不健康の方向に進んでしまいます。

満足なエネルギーが得れないわけです。

満足なエネルギーが得られていない、そしてパフォーマンスが発揮できない時は代謝アップをさせることはできません。

不健康なときは逆に代謝がダウンしてしまいます。

痩せにくくする原因の解決策

今お話した2つの原因はどちらも食事のことです。

この2つの原因をわかった上で、しっかりと原因を解決することが大事です。

痩せない原因を解決できれば必ずダイエットは成功します。

「カロリー不足」の解決方法

『カロリー不足』も『身体に合っていない食事』もどちらもそうなのですが、2つの原因から『省エネモード』(停滞期)に身体が入ってしまいます。

カロリーが不足しすぎると、『それ以上消費したくない』と脳が判断します。

わかりやすくいうと、、、

人間は生きるために食事をします。

食事をせずにエネルギー消費しようと思うかと言ったら、数限りある資源をそんなに使おうとは脳は判断しません。

なぜなら死んでしまうからです。

脂肪を溜め込んでいるのも、長く生きるためにエネルギーとなるガソリンを保管してるということになります。

それを燃やし続け、エネルギーをどんどん使ってしまうのは生命の危機に陥ります。

なので食べなさすぎると身体は省エネモードになってしまう。

これがいわゆる『停滞期』というものです。

省エネになったら、どれだけ頑張っても痩せにくくなります。

なので身体を省エネモードにしないことが重要です。

具体的にカロリー不足の時、どのくらいカロリーを摂ったらいいかと言うと、女性の場合1日1500kcalぐらいを目安にしてください。

男性の場合、カロリー不足で体重が落ちないという方は少ないです。

カロリー不足でダイエットが進まないのは女性が圧倒的に多いんです。

女性の方がストイックにカロリーを抑えてしまう。

男性の場合は、糖質抑えていれば別に食べていいですよ!と言うと結構モリモリ食べて普通に痩せていきます。

女性の場合は、量自体を減らしてしまったりとか、減らした方がもっと落ちるんじゃないか?という風に考えすぎてしまって1000kcal切るくらいまで摂取量を落としてしまうことが多いです。

そうなると省エネモードになってしまうので、1500kcalぐらい食べるようにしてください。

食べることで痩せていきます。

男性でもカロリー不足だなとおもったら2000kcalぐらいは食べましょう。

もちろん体重で変動しますが、60~70kgぐらいの男性の方だったら2000kcalを目安にとっていけば、カロリー不足ではなくなるはずです。

「身体に合っていない食事」解決方法

身体に合っていない食事をしていても、同じように省エネモードになってしまいます。

身体が絶好調というのは、すなわちエネルギー抑えるモードになっているということです

消化不良になったり、胃もたれしたり、下痢になったりした場合は食事を見直してみましょう。

自分が飲んだり食べたりした時に、なんか腸内環境悪くなるなと思ったものは摂らない方がいいです。

身体にとって悪い状態を引き起こす食生活というのは避けたほうがいいと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は痩せにくくする2つの原因として『カロリー不足』『身体に合っていない食事』のお話をさせていただきました。

特に『カロリー不足』については勘違いされている方が多いです。

カロリーを抑えることももちろん大事ですが、全く食べない!ではなく、健康的な食事をする!という思考に変えていきましょう!

最後に食事の参考になる記事をリンクしておきます。

【ダイエットの食事】5つの簡単チェックリスト【これで痩せます】

【簡単】食べても太りづらい食材リスト【ダイエット推奨食材】

【GI値リスト】痩せるには、カロリー計算必要なし!

ぜひチェックして参考にてください!