☆人生

毎日を幸せに感じる思考法【最強の思考法教えます】

こんにちわ。フォレです。

生きていれば辛いこともありますよね?

僕もたくさんあります。

でも楽しく生活しています。

それは僕が常に意識している思考法があるからです。

今回はその思考法を皆さんにお伝えしていきたいと思います。

毎日が幸せに感じる思考法

何の為に生きているのか?

まず大前提として『何の為に生きているのか?』を考えましょう。

答えられますか?
答えられたら凄いと思います。

僕にはハッキリとした答えがわかりません。

ただ1つ言えることは間違いなく、

『苦しむ為に生きてはいない』

ということです。

僕らは、

『楽しむ為に生きています』

これだけはハッキリと理解できます。

死ぬことを考えたら楽しまないことは損。

最初に言っておくと僕はスピリチュアルには全く興味がないです。

そして無宗教です。

ですがよく「死んだらどうなるのかな?」とは思います。

もし天国があるなら天国でまた幸せに暮らすことができる。

もし天国が無いのなら、完全に自分という人間は消滅して、幸せも辛いことも感じることは無くなる。

次の世界に進むことができるのか、それとも完全に消滅するのか。

どちらだったとしても、今この世界に生きている以上楽しまないことは損ですよね。

僕はいつもそう考えています。

そう考えたら楽になりませんか?

天国があるとしたら、この世界は死ぬまでの前哨戦です。

そう考えたら楽しめずにはいられないはず。

天国が無く、完全に消滅するのなら死んだら楽になれます。

だって辛いことも無くなり、自分の死んだ後の世界を見ることがなく後悔することもないからです。

かと言って自殺はダメです。

もちろん感情論的に自殺はダメだと伝えるのもありますが、理論的にも自殺するのは勿体無いです。

死ぬ気があればどんなことでもできます。

自殺したいと思ったら逆に死ぬ気で頑張ってみたほうが得です。

死ぬ気で頑張れば必ず全て好転します。

後何となく自殺してしまうと来世は人間になれないような気もします。。。

生きている上で忘れてはならないこと3選

ここからは僕が毎日考えている『忘れてはならないこと』をご紹介していきます。

自分で言うのもなんですが、かなり良い考えです(笑)

ぜひ皆さんにも毎日考えてほしいと思います。

1.挑戦すること

挑戦しましょう。

自分のやりたいことは全部やりましょう。

小さなことでもいいんです。

恥ずかしいことなんか何もない。

皆さんがやりたいと思ったことは全部やりましょう。

人生で1番若いのは今です。

物事に遅いということはありません。

やりたいことを1つ1つやって自分の思い出を積み重ねていけば、必ず将来『楽しかった』と胸を張って言えるようになります。

そして今の生活も充実し幸せを感じることができるでしょう。

2.頑張りすぎない。

挑戦には努力が付き物です。

頑張らなければいけないこともあります。

ですがそもそも、何の為に頑張るのですか?

おそらく皆さんが何かに頑張ろうとする目的のゴールは『人生を今より良くすること』です。

ですが、その目的の為に頑張っているのに、その道中で辛くなり、人生を楽しめなくなっていたら本末転倒です。

だから頑張りすぎないこと。

これが大事です。

僕は毎日頑張りすぎないように生きています。

サボるときはサボります。

そうすれば無理なく努力を続けることができて、他にやりたいこともやれ、本当に大事なものを失わずに済みます。

楽に生きましょう。

平凡な1日に感謝する。

自分や家族が病気になる。

自分や家族が事故にあう。

家が火事になる。

大災害が起こる。

平凡な1日が急転することはいくらでもあります。

今この瞬間にも、『今日の朝にはこんなことになるなんて思ってもいなかった』と言っている方が必ずどこかにいます。

そんな時に初めて気付くんです。

『普通の生活が、いかに幸せだったか』と。

だからこそ、普通の生活が今できているだけで幸せを感じられる思考になっていなければいけません。

そしてその思考になれば、ちょっと良いことが起きただけで大きな幸せを感じることができます。

僕自身今とても元気です。

そして嫁も娘も母親も元気に朝を迎えました。

愛犬の散歩も普通に行きました。

家もしっかりあります。

それだけで幸せです。

皆さんにもこの思考をマネしてほしい。

なぜならそれだけで毎日が幸せに感じられるようになるからです。

これが今回1番伝えたかったことかもしれません。

まとめ

今このブログを読んでくれている多くの方が幸せだと思います。

幸せだと思ってない方は気づいていだけではないでしょうか?

冒頭でもお話ししましたが、僕たちは人生を楽しむ為に生きています。

決して、辛い思いをし続ける為に生きているのではありません。

時には辛いこともありますが、それはただの楽しく生きていく上での材料にすぎません。

ですが、自分自身がその思考になっていないと効率よく人生を楽しく向き合えない場合もあります。

このブログを読んで、少しでも幸せに気づいてもらうことができたら幸いです。