☝︎ダイエット

ダイエット中に食べ過ぎてしまった時の対処法【食事量は減らさない】

こんにちわ。フォレです。

ダイエット中、食事制限している方も、

『食べ過ぎてしまったぁ~』という時もありますよね?

僕ももちろん人間なのであります。

食べ過ぎてしまった後、罪悪感にかられ『翌日の食事量を抑える』ということをしていませんか?

それは一見、正解に見えて実は間違った方法です。

本記事では食べ過ぎてしまった時の対処と思考法をご紹介します。

今回の内容を頭に入れておくと貴方の今後のダイエットに役に立つと思います。

わりと多くの人が救われるのではないかと思いますので参考にしてください。

ダイエット中に食べ過ぎてしまった時の対処法

まずは、どういう理由で食べ過ぎているのか、どうすればいいのかを考えていきましょう。

そして冷静に対処していきましょう。

そうすることによって、もし食べ過ぎてしまっても自分の食欲を客観的に冷静に捉えて対処できるようになります。

皆さんにもどうすればいいのか、どう考えればいいのか理解してほしいです。

次食べ過ぎてしまった場合冷静にいられることができます。

過去直近で食べ過ぎてしまったものなんですか?

少し考えてみてください。

直近で貴方が食べ過ぎてしまったものはなんですか?

それは糖か脂質ではないでしょうか?

『魚を食べすぎたー』や『野菜をお腹いっぱい食べてしまった。』とかはあまりないですよね?

皆さんが食べ過ぎて後悔するのは、糖か脂質です。

お菓子や、ジュースやたこ焼きやらお好み焼きやら、、、この辺りを食べ過ぎてしまって後悔します。

食べ過ぎてしまうものには砂糖と小麦が含まれていることが多いです。

砂糖や小麦は食欲を乱します。

そしてさらに『食べ過ぎ』が加速してしまう。

食欲乱れの無限ループが完成です。

食べ過ぎ後の対処法

1、すぐに切り替える

2、次の食事から糖と脂質以外の栄養素をしっかり摂る=サラダと魚など

この2つだけで対処可能です。

・すぐに切り替える

説明するまでもないですが、食べてしまったものは仕方ないので、すぐに頭を切り替えましょう。

気持ちを切り替えるのです。

罪悪感で気持ちを引きずってしまうと『翌朝の食事を変に取らない』とか、『余ったお菓子を食べたり』してしまいます。

※経験ある方も多いのでは?

その日の夕食を食べ過ぎてしまった→気持ちを切り替える→次の食事から改善する

この流れがとても大事です。

・間違った方法をしてませんか?

おそらく食べ過ぎたものが糖と脂質であると思うので、次の食事から

食物繊維とタンパク質をしっかり摂るようにしましょう!

やりがちなミスとしては、前日食べすぎてしまったから翌日の朝ごはんを抜いたり、場合によっては昼を抜いたりすることです。

食べ過ぎ→翌日の摂取カロリーを抑える→脳がカロリー不足を感じる→また食欲が乱れる

これが抜け出せない食欲の無限ループに繋がるので気をつけてください。

せっかく食事を頑張って減らしたのに、また繰り返しになってしまう。

そういうのを拗らせると過食症などになってしまう恐れもあります。

・改善方法は『しっかり食べること』!

改善方法は『食事量を減らす』のではなく『しっかり食物繊維とタンパク質を食べる』ことです。

ここを怠ってはいけません。

食べ過ぎてしまった翌日の朝には、しっかりサラダを食べる。魚や鶏肉などのタンパク質をしっかり摂りましょう。

これをしっかり徹底してください。

食べ過ぎてしまった時のメンタル

食べ過ぎてしまうとすごく後悔しますよね。

自暴自棄になってしまう方もいます。

でも安心してください!

ちょっとやそっとの食べ過ぎは気にしなくてもいいです。

・こんなふうに考えてください。

身体の中における良い食材と悪い食材の比率を良好に保つように意識してみましょう。

例:

1週間気をつけてダイエット食を食べた。(7割)

それに対して、ちょっと食べ過ぎてしまった(1割)

これで割合は『良い食事:悪い食事』『7:1』ですね。

その後、悪い食事を抑えて、良い食事の割合を高くしていけば、トータル的に良い食事を摂取している割合のが高まります。

ですがもし『食事をしない』という選択をすると、良いバランスになりません。

最終的には腸内環境の話。

良い食事を処理する腸内細菌、悪い食事を処理する腸内細菌がいます。

悪い食事をして、それを処理する悪い細菌たちに餌をいっぱいあげるとどうなるか?

もちろん悪い細菌が育ちます。

それとは逆に良い食事して、それを処理する良い細菌たちを育てて行くことがとても大事です。

だからたとえ、

1日悪い食事をして悪い細菌が育ってしまったとしても、翌日以降からきっちり良い腸内細菌たちを育てていけば悪い腸内細菌たちの勢力を打ち消すことができる。

なので食べ過ぎてしまったら、食事を減らすのではなく、明日から良いもの食べるぞ!という思考に変えてください!

まとめ

食べ過ぎてしまった時は、

『食事量を減らす』のではなく『良い食事を摂取する』ように心がけることが大事です。

いかがだったでしょうか?
意外にこの事実を知らなかった方が多いのではないでしょうか?

ぜひ今日の記事を参考に、食べ過ぎてしまった時は意識してみてください!

応援しています!