☝︎ダイエット

ダイエットではない!初心者の為のボディメイク!

こんにちわ。フォレです。

よく『ボディメイク』という言葉を耳にしませんか?

「ボディメイクって何?」

「ダイエットとは違うの?」

そう思う方も多いですよね。

実はダイエットとボディメイクは似て非なる者なんですよ!

今回は初心者向けに『ボディメイクの流れ』を解説していきたいと思います。

ダイエットではない!初心者の為のボディメイク!

このブログを見てくれている方は、「ダイエットをしよう」とか「痩せよう」と思っている方が多いと思うのですが、

いざ痩せてみたものの思うように身体が変わらなかった。

そういった方もいらっしゃるかと思います。

そんな方は、もしかすると次はボディメイクの思考で取り組んでいった方が良いかと思いますので、ぜひこの記事を最後までチェックしてください!

今回は

1.ボディメイクって何?

2.ボディメイクの流れ

3.ボディメイクって必要

と3本立てで解説していきます。

ダイエットとかボディメイクとかバルクアップとか身体を変えることについて色々な言葉があります。

このあたりが、あまり整理できていない初心者さんが多いと思いますので、一緒に整理して理解していきましょう!

そもそもボディメイクって何?

『ボディメイク』というのを解説をする前に、『ダイエット』を比較対象として『ボディメイク』を解説していきたいと思います。

ダイエットというのは一般的に『痩せる、体重減』というイメージですよね。

ダイエットとボディメイク、一見同じように見えるのですが、ボディメイクの場合、ただ痩せればOKということではありません。

ボディメイクは見た目です!

ダイエットを行なって-3kg,-5kg痩せれたとしても、意外に思ったような身体にならなかったり、理想とした身体にならなかったという経験がある方も多いと思います。

それは痩せただけでは、結果が出なかったということですよね。

そういった方は痩せるだけではないボディメイクに意識を向けなければいけません。

ボディメイクでは体重はほぼ関係ありません。

人によっては体重が増えたという方もいます。

でも前よりも見栄えが良くなったと感じることもあるのがボディメイクです。

なので体重よりも見た目をいかに作るかがボディメイクだと考えてください。

ボディメイクの流れ

さて、ボディメイクの流れでは、バルクアップと減量を明確に区別して使い分けていきます。

バルクアップ期

バルクアップ…筋肉量を増やすことに重心を置く。(体重は増えても気にしない)

バルクアップ期は摂取カロリーも多く摂り、筋トレも頑張って、筋肉をバンバン成長させていきます。

この期間はもちろん体重が増えます。

でもOKです!

最終的に良い身体になれればボディメイク成功になるので1回太ってしまう過程は無視してもOKです!

バルクアップの過程を踏み、体重が増えて筋肉が増えたら減量期に入ります。

減量期

減量期はもちろん体重を落としていく作業になります。

バルクアップ期で増えた体重を、ゴッソリ落としていきます。

ここで考えなればならないのは、いかに筋肉量を減らさずに脂肪を減らすかということです。

減量期は消費カロリーをしっかり稼ぎながら摂取カロリーはどんどん削っていくので、カロリー収支はマイナスになります。

この過程の中で筋肉の分解が起こってしまいます。

それを少しでも抑える為に、筋トレをし、サプリ(プロテイン,BCAA,EAA)を摂取して、なんとか筋肉の分解を抑えながら脂肪の分解だけを狙っていく。

これが減量期になります。

バルクアップと減量

というわけでボディメイクでは1回太っても良いので筋肉量を上げて、その後にいらない分の脂肪を落として最終的に良い身体を目指す。

これがボディメイクです。

ですが、ボディメイクの入り方にも個人差があります。

過体重→減量→バルク→減量

低体重→バルク→減量

減量から入って、その後バルクアップして、また減量するパターンや、減量済みの方だったら、バルクアップに入って、また減量に入るパターンなど人それぞれ状況に応じて色々な方法があります。

いずれにせよ、バルクアップと減量を組み合わせながら理想の身体に近づいていけるようにするのがボディメイクです。

ゴール設定をしましょう

バルクアップして減量をして、減量末期のところでボディメイクを終えてしまうのはNGです。

なぜかというと、減量期は食事を抑えて痩せる為に努力をするので、追い込むことになります。

そのような状況でボディメイクを終えてしまうと、必ずリバウンドしてしまいます。

減量で終わるのではなく、バルクアップして減量をしてからダイエット期の生活に戻って終了という流れにしていきましょう。

ダイエット期というのは体調が良くなる食生活を続けることです。

なので減量期よりもダイエット期の方が少し体重は戻ります。

ですが、それはまったく気にしなくても大丈夫です。

減量期の身体を維持するのは困難です。

ダイエット期の食事を取り入れている時の身体をいかに美しく保つかを目指しましょう。

そして筋肉をいかに成長させてアップデートしていくかが大事になってきます。

筋トレをして、エネルギーをしっかり摂るという作業を繰り返していくと、筋肉がしっかり糖を処理できるようになります。

なのでしっかり筋トレも継続して行なっていきましょう。

まとめると、

バルクアップで筋肉量をアップ→減量で脂肪削る→ダイエットでベースを作る

こういった流れではボディメイクを進めていきます。

ボディメイクは必要なのか?

ボディメイクは万人に必要ではありません。

多くの方はダイエットでOKです。

適度に運動をして、健康的な食事をとっていればそれでいいんです。

ですが、

・見た目を変えたくて、痩せたものの身体が変わらなかった人

・痩せてるけど身体を変えたい人

このような方はボディメイクが必要になってきます。

なので、ご自分の状況や目標をしっかり判断してダイエットかボディメイクどちらに進むか考えてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ダイエットとボディメイクの違い、理解できましたか?

もし頑張ってでも美しい身体を手に入れていきたいとお考えの方は、ぜひボディメイクに励んでみてください!

食事もトレーニングも頑張っていきましょう!

応援しています!