☆人生

恨むな【無駄なエネルギーを消費しない】

こんにちわ。

最近シャーマンキングを見て麻倉葉みたいに優しい人間になりたいと思った、圧倒的木刀の竜のフォレです。#シャーマンキング知らない方ごめんなさい。

先日こんなイラストを更新しました。

『う』らむな

生きてれば人に裏切られたり

信じられない行動をされたりするだろう。

ムカつくのは構わない。気持ちはわかる。

でも遅くとも3日で忘れろ。

恨んだり、やり返そうとする気持ちを持つと

無駄なエネルギーを消費する。

自分の器が小さいことを露見するようなものだ。

サッサと忘れて自分の道を進め。

そっちのが100倍かっこいいぞ。

今日はコチラのイラストの内容について詳しく解説していこうと思います。

恨みたくなる気持ちはすごいわかる。

もう気にしてないので内容は話しませんが、僕も昔は人に対して恨んだり、やり返してやろうと思っていました。

むしろそれがモチベーションになって頑張っていた時期もありました。

その時期はかなり長かったです。

でもある時、ふと思いました。

「固執してるのは自分だけではないか」と。

今、相手は一切僕のことなんか考えていない。

僕だけが相手に対して恨みという感情を抱いている。

なんか情けないな、、、って思ってしまいました。

今は全く違うモチベーションを持っています。

嫌なことは3日で忘れる。

僕の経験上、生きていれば裏切られるのも当たり前。

嫌なことを言われたり、されたりするのも当たり前。

少なからず生きていれば辛い思いをさせられることもあります。

その1つ1つに思いを抱いて、恨むのは正直時間の無駄です。

そしてそれをモチベーションにしていた僕はわかるのですが、

そのモチベーションには限界があります。

「見返した後に目標を失うからです」

嫌なことがあったら3日で忘れる。
これが大事です。

恨みのパワーは無駄なエネルギーを消費する。

例えば、

「1人や少人数に固執した見返したい」という想いと、

「多くの人を幸せにしたい」という想い。

どちらが成果が出そうですか?

答えはもちろん後者です。

それは自分が相手にしている人の、分母が違うからです。

自分のエネルギーを1人、もしくは少人数に対して、ぶつけるのと、

多くの人に対してぶつけていくのでは、もちろん結果は違います。

そして恨みに固執したことによって頭が凝り固まり、独創的なアイディアも出てきません。

無駄なエネルギーを消費せず、効率のよいエネルギーの使い方をしましょう。

自分の器が小さいことを露見してしまう。

相手に固執してる自分ってなんか嫌じゃないですか?

それよりも、僕は「あーそんなことあったっけ?忘れちゃったよ」と言える自分に憧れを持っています。

そっちのが俄然かっこいいです。

僕はできるだけ多くの人を幸せにしたいと本気で思っています。

そんな人間が「昔、嫌なことをされた人を見返すためにやっています」という目標を掲げて、

「この人に幸せにしてもらいたい」と思いますか?

思わないですよね。

自分の器を自分自身で、わざわざ小さくする必要はありません。

大きな器を持って、大きな目標を掲げて、たくさんの人の為になることをしましょう。

そっちのが絶対貴方も幸せになります。

まとめ

いかがでしたか?

まぁこんなかっこいいことを言っても僕もまだまだです。

正直今でも少しだけ「見返したい」と思ってしまっている部分もあります。

でもそれは多分まだ自分に自信がないんですね。

本当にまだまだ修行が必要です。

ぜひこの記事を見てくれた貴方も、大きな器を持った人間になれるように一緒に頑張りましょう。

最後まで見てくれてありがとうございました。